鳥語花香録

勝山海百合の記録

驢の教え

驢の教え 勝山海百合(こちらです) その家の数えで十二になる娘が病臥している薄暗い部屋に人の気配が近付いた。娘は肉の落ちた土色の顔で、老婆のようにも見えたが、自分に取り憑き重くのし掛かっている何かが、気もそぞろに離れたがっているのがわかった…

Green Inferno, 来たる

ホラーの小説とマンガの国際的なアンソロジーGreen Infernoが アメリカのTENEBROUS PRESS から七月に世に出ます。勝山は掌編 (translated by Toshiya Kamei )で参加しております。 Kick Starterでご支援いただいた方にはすでに電書が届いていると思われます…

小説すばる七月号

十七日発売の『小説すばる』七月号(集英社、二〇二一年)のコラム「私的偉人伝」に、「仙台の真葛、日本のメアリー・シェリー」を寄稿しました。 江戸時代の作家で歌人、真葛について書いております。工藤平助の娘で只野伊賀の妻あやです。江戸で生まれ育ち…

Peach Girl and Other Stories, coming soon

友人の作家で翻訳家の Toshiya Kamei の最初の作品集 Peach Girl and Other Stories が電子書籍で上梓されます。英語です。 表紙は大谷津竜介(cover art by Ryusuke Ohyatsu)。 詳しいことは追ってお知らせします。 Peach Girl and Other Stories

Sucked in / 吸い込まれて

吸い込まれて Toshiya Kamei 勝山海百合訳 シートベルトを外すと膀胱が爆発寸前になっていた。おれは緊急事態ですと呟きながらトイレまで遊泳していく。逆さまになって浮遊しているとファンが唸りをあげる。バキュームチューブがおれの排出液を吸引する。こ…

Collective Realms Issue #7 (予告)

アメリカの Lazy Adventurer Publishing のScience Fiction and Fantasy マガジン、Collective Realms #7に拙作「麗娘のキノコ」の英訳 "A Girl's Mushrooms" (translated by Toshiya Kamei )が掲載されます。 www.lazyadventurerpublishing.com 「麗娘のキ…

「虹色恐竜」公開

D・A・シャオリン・スパイアーズの短編「虹色恐竜」が一般公開となりました。どなたでもお読みいただけます。無料です。 virtualgorillaplus.com 「虹色恐竜」D・A・シャオリン・スパイアーズ

幻想と怪奇7【予告】

『幻想と怪奇6』(新紀元社)にも載っていますが、次号『幻想と怪奇7 ウィアード・テールズ(仮)』(八月発売予定)に拙訳「稲妻マリー」が掲載予定です。 原著者は中国系アメリカ人の小説家、翻訳家、編集者で、たいへん精力的に活動している S. Qiouyi …

幻想と怪奇6

『幻想と怪奇6』(新紀元社)は「夢境彷徨 種村季弘と夢想の文書館」と題した夢の特集だ。 www.shinkigensha.co.jp 本号には君島慧是の短編「天蓋の彷徨」が掲載されている。特集に相応しく、不眠症の少女が治療のために天蓋のあるベッドで眠る……という話だ…

Find Me / かくれんぼ

かくれんぼ Toshiya Kamei 勝山海百合訳 「カズキ、どこなの?」シンジがふしをつけて言う。「もーいーかい? さがしに行くよ!」 ぼくはパパの机から拝借してきたポケット懐中電灯を握って押し入れに潜り込む。襖をぴたりと閉めてしまうと、くらやみがぼく…

White Peach Village 朗読

オーストラリアの The Antipodean SF Radio (豪州のオンラインSF雑誌 Antipodean SF がやっているポッドキャスト)で、拙作てのひら怪談「白桃村」の英訳 White Peach Village (translated by Toshiya Kamei) が朗読されました。ナレーションは Daphne Milne…

¿ES ACASO UNA PERLA?(あれは真珠というものかしら)

「あれは真珠というものかしら」西文版。 "¿ES ACASO UNA PERLA? " POR UMIYURI KATSUYAMA(TRADUCCIÓN DE TOSHIYA KAMEI) www.nagarimagazine.comNagari Magazine はアメリカ合衆国フロリダの雑誌だが、スペイン語訳は他にキューバのKorad、アルゼンチンの A…

那是珍珠嗎(あれは真珠というものかしら)

「あれは真珠というものかしら」中文版。勝山海百合「那是珍珠嗎」中文繁体字版(田田譯) virtualgorillaplus.com胜山海百合「那是珍珠吗」中文簡体字版(田田译) virtualgorillaplus.com

Mythical Creatures of Asia 出来

名古屋の Kelly Matsuuraさんの Insignia Stories から、拙作の英訳Drabbleが三作収録されたMythical Creatures of Asia (Insignia Drabbles Book 3) Kindle版が発売になりました。 収録された拙作はいずれもリプリント(再録)の "Dragon Rock"(Drabble,竜…

Dewdrops and Pearls (あれは真珠というものかしら)

「あれは真珠というものかしら」英文版。"Dewdrops and Pearls" by Umiyuri Katsuyama (translated by Eli K.P. William) virtualgorillaplus.com

Peach Girl on Tall Tail TV

トシヤ・カメイの「ピーチ・ガール」の原文(英語)の朗読を、Chris Herron さんのTall Tail TV で聞くことができます。www.youtube.com

Three Claw Marks (三つの爪痕)

A Story in 100 Words に拙作「猫を侮るなかれ」の英訳 "Three Claw Marks" (translated by Toshiya Kamei ) が掲載されました。 Drabbleです。宇宙猫SF……かも。entropy2.com

Beneath Her Skin / 空蝉(うつせみ)

空蝉(うつせみ) Toshiya Kamei 勝山海百合訳「マサミ……」彼女はもう一枚皮膚を脱ぎ、僕は眉をひそめる。脱ぐたびに彼女は少し小ぶりになり、祖母が持っていたマトリョーシカ人形を思い出す。 「痛みはある?」僕が尋ねると、彼女は首を振る。いいえ。 僕は…

LA CHICA MELOCOTÓN

Toshiya Kamei の Peach Girl のスペイン語版 LA CHICA MELOCOTÓN が、フロリダの Nagari Magazine に掲載されました。 www.nagarimagazine.com

「ピーチ・ガール」公開

トシヤ・カメイの「ピーチ・ガール」(勝山海百合訳)がバゴプラで公開されました。 virtualgorillaplus.com

ユキミ・オガワの紹介

Yukimi Ogawa は日本の作家である。もしあなたが知らなくても無理はない。英語で執筆し、発表しているからだ。アメリカで活躍する中国出身の作家のイーユン・リー Yiyun LI が中国語では無理、英語でなくては書けなかったと告白しているように、Yukimi Ogawa…

Frozen Wavelets #6 Winter/Spring 2021

スコットランドの掌編と詩のオンラインマガジン Frozen Wavelets #6 (冬/春合併号) が公開され、拙作てのひら怪談「呪いと毒」の英訳 "Curses and Poisons" (translated by Toshiya Kamei)が掲載されました。frozenwavelets.com 今回はダブリンのワールド…

Dream Date / 仕事のあとに

仕事のあとに Toshiya Kamei 勝山海百合訳 雲一つない、晴れた空が広がっていた。屋上庭園では果物と野菜がたわわに実っている。私はタクシーに乗り込む。高層ビルの間の見えない通路を私たちは飛行していく。 自分のデスクに到着すると、近くの席の同僚のゼ…

Hidden Cattleyas of the Beneath

英国のGhost Orchid Press からBeneathがテーマのホラーDrabbleのアンソロジー Beneath: An Anthology of Dark Microfiction (Hundred Word Horror) Kindle Edition が発売になりました。 拙作「隠されたカトレア」の英訳 "Hidden Cattleyas" ( translated b…

The Empty Mirror / うつろ鏡

うつろ鏡 Toshiya Kamei 勝山海百合訳 「ハニー、帰ったよ」歌うような調子で声をかけるが返事がない。 犬が飛ぶようにエントランスに走ってくる。彼の息は荒く、舌がはみ出して垂れている。はしゃいで膝に飛びつく代わりに、唸り、牙をむき出す。 「なにか…

Mythical Creatures of Asia 予約開始

Insignia Stories から 電子書籍で刊行される Mythical Creatures of Asia (Insignia Drabbles #3) の予約が始まりました。 アジアの神話、民話に登場するクリーチャーがテーマの、百ワードの超短編 Drabble のアンソロジーで、拙作の英訳も掲載されておりま…

「虹色恐竜」先行公開

虹色恐竜 Caihong Juji by D.A.Xiaolin Spires四月二十四日、かぐやプラネットで Ⅾ・A・シャオリン・スパイアーズ D. A. Xiaolin Spires の掌編「虹色恐竜」(勝山海百合訳)が先行公開されました。(カバータイトルのデザインは浅野春美 Harumi Asano) 同…

A Husband's Return / もののふの帰還

もののふの帰還 Toshiya Kamei 勝山海百合訳 「お早いお帰りでございますね、わが殿」 シズカは頭を下げてあるじを迎えた。彼女のきものが衣擦れの音をたてる。もののふであるあるじは暗闇の中に立ち尽くし、虚空を見つめている。 「いつお帰りになられたの…

来場御礼(はるこん2020+1)

はるこん2020+1が閉会いたしました。来場した方にも、来場しないことを選択した方にもお礼申し上げます。スタッフの皆さんにはお世話になりました。お疲れさまでした。 www.hal-con.net

Beneath: An Anthology of Dark Microfiction

英国のGhost Orchid Press からホラーDrabbleのアンソロジー『Beneath: An Anthology of Dark Microfiction (Hundred Word Horror)』Kindle Edition がまもなく発売になります。電子書籍です。 Beneath (地下、地底、下のほう)がテーマで、拙作「隠された…