鳥語花香録

勝山海百合の記録

LOCUS magazine

『ローカス』十月号 LOCUS magazineワールドコン特集のページに、わたくしの写真と名前が載っている。写真を撮影したのは LOCUS のRachel (最初にカメラを向けられたとき、藤井太洋さんが紹介してくれた)

f:id:umiyuri:20191116183000j:plain
LOCUS Oct. 2019
ローカス誌に名前が出るのは二度目、前回は二〇一六年、日本のローカルコンベンションHal-Con を紹介する記事の中に名前が出たのだけど、惜しいことに名前の表記に誤りがあった。

第二十九回鮎川哲也賞、第十六回ミステリーズ!新人賞授賞式

十月二十五日、都内で開催された第二十九回鮎川哲也賞・第十六回ミステリーズ!新人賞授賞式に出席した。
鮎川哲也賞を受賞した方丈貴恵(ほうじょうきえ)さん、ミステリーズ!新人賞を受賞した床品美帆(ゆかしなみほ)さん、おめでとうございます。床品さんの受賞作「ツマビラカ~保健室の不思議な先生~」は「二万人の目撃者」に改題のうえ『ミステリーズ!』vol.97に掲載されている。

www.tsogen.co.jp
www.tsogen.co.jp

kaze no tanbun 特別ではない一日【見本出来】

西崎憲編集『kaze no tanbun 特別ではない一日』(柏書房)の見本が届きました。ブックデザインは奥定泰之、カバー写真は武田陽介。とても美しい本です。拙稿「リモナイア」が掲載されております。
発売は十月二十五日以降ですが、奥付には十一月十日第一刷発行とあります。

f:id:umiyuri:20191017222554j:plain
『kaze no tanbun 特別ではない一日』(柏書房

www.kashiwashobo.co.jp

ミステリーズ! vol.97、時間旅行者の砂時計

ミステリーズ!』vol.97(東京創元社)と、方丈貴恵(ほうじょうきえ)の『時間旅行者の砂時計』をご恵送いただいた。ありがとうございます。
『時間旅行者の砂時計』は第二十九回鮎川哲也賞受賞作、SFミステリ。

内容紹介

瀕死の妻のために謎の声に従い、2018年から1960年にタイムトラベルした主人公・加茂。妻の祖先・竜泉家の人々が殺害され、後に起こった土砂崩れで一族のほとんどが亡くなった「死野の惨劇」の真相を解明することが、彼女の命を救うことに繋がるという。タイムリミットは、土砂崩れがすべてを呑み込むまでの四日間。閉ざされた館の中で起こる不可能犯罪の真犯人を暴き、加茂は2018年に戻ることができるのか!? 
“令和のアルフレッド・ベスター”による、SF設定を本格ミステリに盛り込んだ、第29回鮎川哲也賞受賞作。


www.tsogen.co.jp
www.tsogen.co.jp

京フェス合宿企画来場御礼

台風十九号が雨を降らせる中、京都SFフェスティバルの合宿企画「SF作家のためのワールドコン案内」にご来場いただき、ありがとうございます。
ワールドコン(世界SF大会)に興味がある方々、二十世紀に参加したことがある方々に現在のワールドコンの話をすることができて良かったです。
ワールドコンに参加登録し、なんらかの企画に参加してもよいと実行委員会側に表明した場合、英訳された著作のある作家、英語で書いている作家にアドバンテージがありますが、漫画やアニメ、ラノベの知識のある方もその知識が生かされ、尊重されることと思います。
(企画に出て欲しいというオファーの中に、自分には知識がない分野のものがあったりしますが、それは断っても問題ありません)