鳥語花香録

Umiyuri Katsuyama's weblog

Awards Eligibility (2022)

Umiyuri Katsuyama's flash fiction in 2022
"TRES MARCAS DE GARRA" (TRADUCCIÓN DE TOSHIYA KAMEI, Nagari Magazine)
www.nagarimagazine.com
"Time Capsule" (translated by Toshiya Kamei, Antipodean SF 290)
www.antisf.com

Umiyuri Katsuyama's translation work (English to Japanese) in 2022
L・D・ルイス「シグナル」

"Signal" by L.D.Lewis (VG+ かぐやプラネット)
S・チョウイー・ルウ「愛に似たなにか」"Anything Resembling Love" by S. Qiouyi Lu『ナイトランド・クォータリー』vol.30
S・チョウイー・ルウ「海を繕う」"Spilling Salt Into the Sea" by S.Qiouyi Lu『幻想と怪奇12』

Umiyuri Katsuyama's original Japanese story in 2022
「その笛みだりに吹くべからず」(『SFアンソロジー新月/朧木果樹園の軌跡』)
virtualgorillaplus.com
「紫には灰を」(『万象3』惑星と口笛ブックス)(近刊)

幻想と怪奇12

幻想と怪奇12

拙訳のS・チョウイー・ルウ「海を繕う」が掲載された『幻想と怪奇12 イギリス女性作家怪談集 メアリー・シェリーにはじまる』(新紀元社)の見本をいただきました。
十二月一日発売予定です。

アラスカ湾で海獣の調査をしているアヤコは、バーで出会った素敵な女性と名前もきかないうちに関係をもつ。
彼女の名前はジョアンナ。一緒に過ごすうちに、アヤコはジョアンナは伝説のセルキーではないかと考えるようになる……
(セルキーはスコットランド語でアザラシ。セルキーはアザラシの毛皮をまとった妖精で、海中ではアザラシ、陸上では毛皮を脱いで人間になると言われている)

原文は Spilling Salt Into the Sea / S. Qiouyi Lu — Corvid Queen

www.shinkigensha.co.jp

世界幻想文学大賞2022

アメリカ、ニューオリンズで開催されたワールド・ファンタジー・コンベンションで世界幻想文学大賞2022の受賞者が発表になりました。受賞者の皆さん、おめでとうございます。
アンソロジー部門は、Oghenechovwe Donald Ekpeki編『年刊ベスト・アフリカン・スペキュレイティブフィクション』 The Year’s Best African Speculative Fiction (2021), Oghenechovwe Donald Ekpeki, ed. (Jembefola) が受賞しました。
locusmag.com

二〇二三年のワールド・ファンタジーコンは十月にアメリカのカンザスシティで、二〇二五年は英国はバーミンガムで開催されます。(二〇二四年は未詳)

Antipodean SF 290

Antipodean SF 290

豪州のオンラインマガジン Antipodean SF Issue 290 が公開されました。
拙作の英訳 Time Capsule (translate by Toshiya Kamei)が掲載されております。フラッシュフィクションです。今号に訳載されているキューバの Alexy Dumenigo のフラッシュフィクションはAIが優勢になった世界が舞台です。

シャーリイ・ジャクスン賞2021

ボストン・ブックフェスティバルでシャーリイ・ジャクスン賞 2021 が発表されました。受賞者のみなさん、おめでとうございます。
アンソロジー部門は dave ring 編 Unfettered Hexes: Queer Tales of Insatiable Darkness (Neon Hemlock Press)と、Eric J. Guignard 編の Professor Charlatan Bardot's Travel Anthology to the Most (Fictional) Haunted Buildings in the Weird, Wild World (Dark moon Books) 『シャラトン・バルドー教授のトラベルアンソロジー 知られざる世界の驚くべきお化け屋敷案内(架空の)』が受賞しました。お化け屋敷アンソロジーのほうには拙作「喫茶アイボリー」の翻訳 Café Tanuki (translted by Toshiya Kamei)が掲載されております。
勝山は小さいコラム一つでの参加ですが、受賞は嬉しいし光栄です。(カメイさん、ありがとう)
www.neonhemlock.com
www.darkmoonbooks.com
umiyulilium.hatenablog.com

Antipodean SF (next issue)

AntipodeanSF 290 予告

豪州のオンラインマガジン Antipodean SF の次号 issue 290 に拙作の英訳 Time Capsule (translated by Toshiya Kamei) が掲載されます。ごく短いフラッシュフィクションです。
本号でカメイさんは Alexy Dumenigo をスペイン語から英訳もしています。
Alexy Dumenigoはキューバの作家。アメリカのSF誌 Future SF Digest に短編 Four-Letter Word (translated by Toshiya Kamei, 犬が登場する話です)が掲載されています。
future-sf.com

AntipodeanSFの更新は十一月一日です。